トップ通信制高校から毎年たくさんの人が大学へ進学しています。

通信制高校から毎年たくさんの人が大学へ進学しています。

わたしが通信制高校に入学した一番の理由は、就職するのに中卒よりは有利だと思ったからです。全日制の高校を中退したわたしは通信制なら卒業できるのでは、という少し軽い気持ちで入学しました。ですが、入学し単位を修得していくと、もっと勉強したいと思うようになり、「大学に行きたい」そう思い始めたのは一年生の3学期頃だったと思います。1年生で選択した家庭科の栄養学にとても興味が湧いたからです。大学に入ってさらに詳しく勉強して、栄養士の資格を取りたいと思うようになりました。ですが、通信制の高校で学んだところで、大学に進学なんて無理なのではという思いもあり、進路指導の先生に相談に行きました。通信制高校から有名大学に入学する人もたくさんいる、目標がなければただ卒業するだけで終わってしまうけれど目標を持ってがんばれば必ず大学には行ける、そうおっしゃられました。大学に進学希望の人にはバックアップもするよ、ともおっしゃっていただきました。毎年通信制から大学へ進学する人は多数いることを知り、わたしにもチャンスはあると思えました。結局、わたしの場合は家庭の事情もあり高校卒業後は大学へ進学することはできませんでしたが、高校を卒業できたのだからまたがんばればいつか大学へ行くこともできる、そう思いました。

Copyright(C)2013 通信制高校での体験談 All Rights Reserved.