トップ通信制高校での課外授業

通信制高校での課外授業

通信制高校にもホームルームや課外授業などがあります。特に思い出に残っている授業は、山登りでした。全日制の高校だと、学校から皆一緒に行きますが、通信制では現地集合の現地解散なことがほとんどです。各自が自己責任で、というような感じでした。課外授業も全員参加ではなく、希望者だけですので「嫌々だるそうに、、、」なんていう生徒は一人もいません。全員が楽しむことを目的に参加しているので、とても充実したものになります。年齢層も幅広く、年配の人と話したり、10代の若い子と話しをしたり、全日制ではすることができない体験ができました。その他にも、部活動もありました。わたしは卓球部に入部をしたのですが、学校に入学してそこで初めての友達ができました。年齢はばらばらでしたが、共にがんばり励まし合いました。全国大会を目標に、週3回の練習には必ず参加をしました。そこで出来た友達は、卒業し10年経った今でも連絡を取り合う仲です。通信制では人間関係が希薄になりがちですが、こうした課外授業や部活動などを通じて、コミュニケーションをはかることができます。入学するまではこんなに楽しく高校生活がもう一度送れるとは思っていませんでしたので、心から感謝しています。

Copyright(C)2013 通信制高校での体験談 All Rights Reserved.